海外ツアー 各社の定番商品からTトラベル独自企画ツアーまで。あなたにぴったりの旅行がきっと見つかる

イタリア ミラノ ベニス フィレンツェ ピサ ローマ ナポリ シチリア島

“永遠の都”ローマ、“花の都”フィレンツェ、“水の都”ベニス、“ファッションの街”ミラノなど見どころいっぱいのイタリア。

イタリアってどんなところ?

アマルフィ海岸イタリア第2の都市ミラノ

ミラノはイタリア北部にあるロンバルディア州の州都。イタリア第2の都市で、国際的ファッションの街、経済の中心地としても知られています。 最先端のファッショントレンドを感じられることはもちろん、何百年もの歴史を感じられる建築物や芸術作品を見られる点も魅力です。サッカーファンはセリエAの観戦もぜひチェックを。

観光のポイントは旧市街のドゥオーモを中心としたエリア。ミラノのシンボルとなっているドゥオーモは、イタリア最大のゴシック建築。頂にはマドンニーナと呼ばれる黄金の聖母像が鎮座しています。
聖堂正面の5枚のブロンズ製の扉には「ミラノ勅命」「聖アンブロージョの生涯」「聖母マリアの生涯」「ミラノの中世の歴史」「ドゥオーモの歴史」と、それぞれ異なるテーマが描かれています。 聖堂内は、ステンドグラスから光が差し込む厳かな空間が広がっています。地下にあるドゥオーモの前身「サン・テクラ教会」の洗礼堂は、階段を下りて入ることも可能。
ドゥオーモには屋上もあり、階段かエレベーターで上がることができます。尖塔に囲まれた屋上から、ミラノの街を一望することができるので、ぜひ屋上にも足を運んでみて。 隣接する王宮の1階には「ドゥオーモ博物館」も。彫刻やステンドグラス、図版などが展示されていて、ドゥオーモの歴史、建築技法について知ることができます。

イタリアングルメ ミラノ観光で忘れてはいけないのが、レオナルド・ダ・ヴィンチのフレスコ画「最後の晩餐」。
サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会にあり、見るためには予約が必要です。教会自体もミラノにおけるルネッサンス期最大の建築物として有名なロンバルディア派ゴシック様式の美しい教会なので、一見の価値あり。
ほかにもラファエッロ、ダ・ヴィンチなど巨匠の作品を数多く収蔵している「アンブロジアーナ絵画館」、ミケランジェロの未完成の大理石像等を有する美術館や博物館がある「スフォルツァ城」、 ベネチア派の秀作が並ぶ「ブレラ絵画館」など、ミラノは見どころが豊富です。
科学技術やダ・ヴィンチに興味がある人は「ダ・ヴィンチ記念国立科学技術博物館」がおすすめ。ダ・ヴィンチのデッサンをもとに作り出した数々の模型などが展示されています。
オペラに興味があるなら、世界で最も有名で格式の高いオペラ・ハウスのひとつスカラ座も訪れましょう。12月7日から7月頃までがシーズンです。併設されている「スカラ座博物館」では、劇場の歴史を知ることができます。 

このページのトップへ

このページのトップへ