海外ツアー 各社の定番商品からTトラベル独自企画ツアーまで。あなたにぴったりの旅行がきっと見つかる

北欧

フィヨルド、オーロラと妖精の国、北欧。

人気都市に滞在する北欧ツアー、北欧旅行

北欧の人気都市に滞在!

北欧=スカンジナビア諸国(デンマーク、ノルウェー、スウェーデン)と、フィンランドは、大自然や独自の文化が魅力。ツアーは1都市に滞在するフリープランのほか、北欧を周遊するプランも充実しています。とくに、フィヨルドクルーズやオーロラツアーを効率良く楽しみたい場合は、ツアーの利用がおすすめです。

ヘルシンキ

ヘルシンキに泊まるツアー

スカンジナビア半島の内側にあるフィンランドの首都、ヘルシンキ。北欧最大のロシア正教の教会「ウスペンスキー寺院」などの名所や、北欧デザインで人気のマリメッコ、イッタラでのショッピングが楽しめます。ツアーは、ヘルシンキのフリープランのほか、スウェーデンからタリンクシリアラインでクルーズするプランも。

ヘルシンキに泊まるツアーはこちら

ストックホルムに泊まるツアー

北欧最大の国スウェーデンの首都。旧市街ガムラ・スタンのエリアには、王宮、大聖堂、教会など見どころが豊富。ノーベル賞の歴史が分かる博物館もあります。ツアーはストックホルム1都市滞在のプランのほか、フィンランドのヘルシンキがセットになったプランも。滞在は中央駅周辺やガムラ・スタン周辺が人気です。

ストックホルムに泊まるツアーはこちら

ストックホルム

コペンハーゲン

コペンハーゲンに泊まるツアー

デンマークの首都で、シェラン島にある港街。童話作家アンデルセンが半生を過ごした街としても有名です。王宮、博物館、人魚の像などのスポットが有名ですが、1日で巡ることができます。ツアーは、コペンハーゲンのみに滞在する6日間程度の旅から、オーロラツアーに参加する旅、北欧の都市を10日間程度巡る旅まで豊富です。

コペンハーゲンに泊まるツアーはこちら

オスロに泊まるツアー

山に囲まれ、フィヨルドにも面しているノルウェーの首都。ムンク美術館、民族博物館、アーケシュフース城など見どころ満載です。ツアーは、フィヨルドクルーズ、山岳鉄道の旅を盛り込んだプラン、オーロラ鑑賞のプランなど、自然を体感できる旅が充実しています。オスロでの滞在は中央駅やカール・ヨハン通り周辺が便利。

オスロに泊まるツアーはこちら

オスロ

北欧の見どころ

  • ヘルシンキ ヘルシンキ フィンランドの首都で、映画「かもめ食堂」の舞台となった街。歴史的な名所「ヘルシンキ大聖堂」「ウスペンスキー寺院」は見逃せないスポット。マリメッコ、イッタラなど北欧デザインのデザインショップも訪れたい場所です。
  • ストックホルム ストックホルム 「北欧のベニス」と称されるスウェーデンの首都。大小14の島から成る街です。ノーベル賞の祝賀晩餐会が開かれる市庁舎、中世の雰囲気が残る旧市街ガムラ・スタンなど、散策を楽しめます。王宮では衛兵の交替式も。
  • コペンハーゲン コペンハーゲン シェラン島にあるデンマークの首都。「商人たちの港」という意味を持ちます。運河沿いに並ぶカラフルな木造家屋、王宮、博物館、人魚の像などが見どころ。コンパクトな街なので、1日で十分に観光を楽しめます。
  • オスロ オスロ 港湾都市として発展したノルウェーの首都。三方を山に囲まれ、南側はフィヨルドに面している自然豊かな街です。ムンクの「叫び」を展示している国立美術館や、ムンク美術館でアートに触れるのもおすすめ。
  • オーロラ(ロバニエミ/サーリセルカ) オーロラ(ロバニエミ/サーリセルカ) オーロラ観測地の数が多いのがフィンランド。ロバニエミは北極圏の南約8kmに位置し、市内から1時間ほどで観測地にアクセスできます。サーリセルカはロバニエミより北にあるリゾート地。町なかでオーロラが見られることも。
  • フィヨルド フィヨルド 長い年月をかけて形成されたフィヨルド。ノルウェーの西部海岸線には無数のフィヨルドが連続しています。中でもヨーロッパ最長のソグネフィヨルドをはじめとする5大フィヨルドは、北欧の壮大な自然を肌で感じることができます。

北欧ってどんなところ?

アマルフィ海岸自然の神秘、壮大さを体感できる北欧

北欧とは、スカンジナビア諸国(デンマーク、ノルウェー、スウェーデン)にフィンランド、アイスランドを加えた5か国のこと。
かつてはバイキングと呼ばれる集団の拠点にもなっていました。彼らの航路は後に通商路となり、ヨーロッパにも影響を与えています。
日本からのアクセスは、スカンジナビア航空(コペンハーゲン行き:約11時間45分)や、フィンランド航空(ヘルシンキ行き:約10時間30分)。
ノルウェー、スウェーデンへは、コペンハーゲンでの乗り継ぎが便利です。

北欧は緯度が高い地域ですが、暖流の影響から比較的温暖。夏期(6月~8月)は気温が極端に高くなることはなく、湿度も低めで快適です。ただし、朝晩はかなり冷え込むこともあるので、セーターやカーディガンなどを忘れずに。
夏は日が長いので、時間を有効に使えるのがポイント。北部では白夜となるエリアもあります。
一方、冬期は日の入りが早く、午後3時頃には日没してしまうエリアがあるほど。さらに北部に行くと、太陽が昇らない極夜になる場所も。
北欧の魅力は、フィヨルドを代表する自然の造形美。フィヨルドとは、氷河の浸食によって作られた谷に、海水が浸食して形成された入江のこと。世界的にも大きな規模となる北欧のフィヨルドは一見の価値あり。
オーロラ観測も人気の北欧。フィンランド、スウェーデン、ノルウェーそれぞれに観測地があるので「どの国の、どのエリアで観たいか」を決めておくことが大切です。

フィンランドは、3か国の中で最も観測地が豊富な国。設備が整ったホテルの多いリゾート地「サーリセルカ」や、サンタクロース村のある「ロバニエミ」、冬期限定で雪の城「ルミリンナ」が作られる「ケミ」などが有名です。
スウェーデンは、スキーやスノーボードも楽しめる「イエリバーレ」や、晴天率が高いと言われる「アビスコ」が人気。ノルウェーは、気温がそれほど下がらないので観測しやすいですが、降水量が多いのが難点。
北極圏最大の街「トロムソ」から、オーロラツアーに参加できます。
ただし、オーロラ鑑賞は冬がシーズンですが、フィヨルドを巡るクルーズは10月頃からシーズンオフになります。旅の目的と旅する季節をしっかり検討しましょう。

北欧は自然以外にも楽しみがたくさん。日本でも人気の「マリメッコ」「イッタラ」など、北欧デザインを満喫できるショップクルーズをしたり、可愛らしいカラフルな家が並ぶ街を散策したり、時間を忘れてしまいそうなスポットで溢れています。
フィンランドでは「ムーミンワールド」や映画「かもめ食堂」ロケ地巡りを。デンマークは、アンデルセンの生誕地にふさわしい、可愛いらしい風景を満喫できます。

グルメ

北欧グルメ北欧を代表するグルメと言えば、ソーセージ。
かつて400もの国に分かれていたという北欧は、ソーセージも地方ごとに特徴があります。値段も手ごろなので、ぜひ食べ比べを。
インビス(屋台)でもソーセージを販売しているので、手軽に買うことができます。
北欧はビールでも有名な国。種類豊富なので、料理と一緒に楽しんでみて。

このページのトップへ

このページのトップへ